国民背番号と納税者番号

9月 22nd, 2009 Categories: 1.政治・経済

読売新聞のこの記事によれば、「藤井財務相は21日、すべての納税者に番号を付けて所得を把握する「納税者番号制度」の導入に向けた検討を始める方針を表明した」との事です。

これとは別に、戸籍法は廃止できるかで紹介したように、民主党の川上義博氏、松本龍氏の呼びかけにより、「個人を単位とした登録制度をつくる」事を検討しているようです。

行政の制度(納税、社会保険、医療保険、住民基本台帳、運転免許証など)ごとに別々の番号を作成するのは、行政コストを増大させる無駄な方法です。私は、行政の効率的運用の為に、上記の2つの動きを合わせた包括的な身分証制度を導入して、一つだけの管理番号ですべての行政サービスの運用に利用できる制度を作成すべきです。

具体的には、個人単位で戸籍登録(個人では戸籍ではなく個籍でしょうか?)を行い、固有(かつ死ぬまで不変)の国民背番号を行政が個人に割り振り、その番号と本人確認情報を保存した身分証の常時携帯を国民の義務とします。(以降、国民背番号を身分証番号と呼ぶ)

この身分証番号を、納税番号、住民番号、社会保険番号、年金番号、運転免許証番号など、行政が国民個人の行政サービスの為に必要とする情報の管理番号とします。

更に民間サービスの分野でも、医療(病院のカルテや患者番号)、金融(銀行の口座や株券の所有者番号)、不動産(地主、賃貸契約者の管理番号)、企業(被雇用者管理番号)などに利用可能とする事で、行政サービスから見た民間サービス受益者のトレーサビリティーが向上します。

また、個人の籍の登録は、日本国民が出生する場合と、外国籍の人が短期あるいは長期で日本滞在する場合の仮の籍、又は移民の籍の全てのケースをカバーできるように、この登録を行うのは出入国管理局(又はこれを吸収した行政機関)で行う事を提案します。

ちなみに、国民背番号制度の話をすると必ず出てくる政府陰謀説への反論は、こちらをご覧ください。

Facebook Comments
Tags:

4 Responses to “国民背番号と納税者番号”

  1. 9月 24th, 2009 at 06:40
    1

    bobby さんのご意見のまったく賛成です。

    1人の国民に対してユニークなIDを付与し、この人に対して行われた全ての行政行為を紐付ける・・・これが行政を電子化することによって徹底的な効率化を図る前提条件になると思います。

    もちろん、行政機関において個人情報が適切に管理されているかどうか厳格にチェックする第三者機関は必要になってくるかとは思います。「超管理国家が誕生する」などと反対する勢力を説得するためにも、それは必要でしょう。この点、香港やシンガポールなどの電子国家先進国での取り組みは、いかがでしょうか。

  2. Isaac
    9月 24th, 2009 at 16:46
    2

    ここですね。
    香港個人資料私隱專員公署
    Office of the Privacy Commissioner for Personal Data, Hong Kong (PCPD)
    http://www.pcpd.org.hk/engindex.html

    政庁から独立した第三者機関とは言えないですが、少なくともいわゆる合同庁舎とは別の建物にあります。
    尚、スタッフは総員約50人との事でした。Response見るために、メールで直接問い合わせしてみました。返事はすぐに返って来ました。

    香港政庁関係では、これまで税務署、移民局、労働署、ICAC、警察には行った事あります。総じてとても丁寧で親切であるという印象です。サービス業という意識があると思います。それに比べて、某国の在香港総領事館の情けない対応ときたら…..

  3. bobby
    9月 25th, 2009 at 16:20
    3

    Isaacさん、elm200さんの質問の答えを調べて頂きありがとうございました。

    私の記憶では、ID Cardなど個人データを企業内のシステムで利用する事に対する、企業とソフト会社のセキュリティー意識は、2000年頃には既にあったように思います。

    妙なプライバシー意識が無い分、香港人は、個人保護と効率向上のバランス感覚が良いのだなと思っています。

  4. bobby
    10月 2nd, 2009 at 15:26
    4

    木村さんが仰るように、私も印鑑制度を廃止してサインに代える事に賛成です。香港ではじめて預金口座を開設して、自分のサインを登録した時には緊張しましたが、それも直に慣れました。印鑑の印影もサインの印影も、確認するノウハウはさほど変わりません。しかもサインは確認者の目前でさせる事ができるので、トレーシングペーパーなどで印影を写し取る事を防ぐ事ができます。ID Cardとサインを組み合わせれば、本人確認は非常に容易になると思われます。

    [ゴーログ] 納税者番号制度と印鑑制度
    http://kimuratakeshi.cocolog-nifty.com/blog/2009/10/post-faa9.html

Comments are closed.