サンプロ 誰が自民党を変えるか

9月 20th, 2009 Categories: 1.政治・経済

サンプロの田原コーナーは、田原総一郎氏が西村康稔議員、河野太郎議員、谷垣禎一議員の3人に対して、自民党をどのように変えてゆくかを問いました。番組を見ていて思ったのは、河野議員と谷垣議員の政策的な方向性にあまり差は無いな、という事です。二人の違いは、河野議員が「自民党を乗っ取って、2大政党に相応しい改革路線を目指す」と言って党内の魑魅魍魎を排除する決意を示したのに対して、谷垣議員は「こういう時こそ挙党体制で」と言い、考え方が大きく異なる老人すべてを包括しようとしているところでしょうか。

いまのところは、谷垣氏が総裁になる可能性が高いと考えられているようです。谷垣氏は小泉内閣時代の財務大臣であり、番組中でも当時の経済や地方分権の改革を否定していない事から、必要と認めれば挙党で経済改革や地方分権の政策を目指そうとする可能性は否定できません。しかし谷垣氏には、現在では党内でマイナーな考え方になってしまった「小さな政府で経済改革」路線に反対する抵抗勢力(たとえば古賀誠議員とか)を調整する政治力も精神力もリーダーシップも無いでしょう。つまり、西垣氏が総裁になった場合には、本人の意思にかかわらず、自民党は衰退を続けてゆくでしょう。

河野議員が番組中で述べたように、自民党は存亡の危機を迎えています。テレビのアンケートでも明らかなように、人々は自民党に「チェンジ」を期待していますが、それは中途半端なものではありません。党内議員達の予想をはるかに超えた幅。河野議員が宣言した「小選挙区で敗れた老人はみな、ベンチから観客席へ移ってもらう」という苛烈な改革を実施して、志を同じくする議員だけが残り、「小さな政府と経済改革」の政党に生まれ変わってほしい。池田信夫ブログでも、自民党が参院選に勝つ唯一の道と述べています。

そのときは、みんなの党は自民党へ合流してまとまってほしい。逆に河野議員が総裁選で敗れて居場所がなくなった時には、推薦人20人まとめて、みんなの党へ合流してほしいと山内康一議員がプロポーズしています。池田氏。

Facebook Comments
Tags:

2 Responses to “サンプロ 誰が自民党を変えるか”

  1. 9月 20th, 2009 at 19:36
    1

    bobby さん、こんにちは。

    「西垣氏」という表現が数箇所で見られますが、これはどなたのことでしょうか。たぶん、谷垣氏ではないかと思うのですが。

    個人的には、自民党の若手議員たちはさっさと自民党を見限って「みんなの党」(この名前は好きじゃないけど)に合流したらいいと思います。自民党は、入党資格を65歳以上に限定して、「老人党」として再出発したらいいのではないでしょうか。

  2. bobby
    9月 20th, 2009 at 22:20
    2

    elm200さん、ご指摘有難うございます。番組見ながら、子供の相手しながら、記事を書いていたので、集中力が足りなかったようです。

    河野氏が総裁になっても、魑魅魍魎を観客席へ追いやる事ができなければ、ベンチの中はいつまで経っても思惑通りにはゆきませんね。

Comments are closed.