エコカー減税は金持ち優遇政策

9月 19th, 2009 Categories: 1.政治・経済

日本のテレビのコマーシャルでよく目にするのが自動車メーカーの「エコカー減税」と「エコカー補助金」。これは対米輸出が落ち込んで不況のどん底にある自動車産業を助けて、経済を活性化させる効果を認めない訳にはゆきません。こういう経済振興政策は、消費者を騙すエコ詐欺商法だという事を別にすれば、いまの日本には必要ではないかと思います。

しかしながら「補助金」としてばら撒いているのは税金です。いま自動車を新車で買える人というのは、それなりに裕福な人だと思うのです。そういう人を対象として貴重な税金をばら撒くのは、明らかな「金持ち優遇政策」だという事を、政府の人は認識しているのでしょうか。

Facebook Comments
Tags:

2 Responses to “エコカー減税は金持ち優遇政策”

  1. 9月 19th, 2009 at 19:46
    1

    6歳のガキがテレビで「補助金」「減税」などと叫んでいるのに大いに違和感を感じています。
    わしゃあ、こんなCMを見とうはなかった!

  2. そのとおり
    4月 18th, 2010 at 13:49
    2

    そのとおりです。景気拡大策としては若者や弱者を優遇
    すべきです。
    そのため軽自動車の中古あたりを格安に買える減税が必要
    ではないでしょうか。

Comments are closed.