民意の信号を汲み取れ民主党

9月 9th, 2009 Categories: 1.政治・経済

選挙当日の夜、民主党の大勝が明らかになったあとのある番組で、「大阪のおばちゃんに100人に聞いた民主党政権の期間は?」というアンケートで、大多数の回答者が1年以内と答えていました。今日のテレビで見たアンケートでは、「自民党を立て直して欲しい」という回答者が7割を超えていました。これは何を意味するのでしょうか。

選挙後の政治討論番組に出演した議員の方々を見ていると、選挙で勝ったのは「マニュフェストが支持されたからだ」と胸を張って話す民主党の議員が多い事に気づきました。彼らがこういう「勘違い」を続けていれば、民主党が支持を失うのはそう遠くない未来でしょう。

先に述べた民法のアンケートの意味は、「今の自民党は嫌いだから、とりあえず今回は自民以外の民主勢力(民主党、みんなの党)へ入れてみよう。しかし期待はしていないから、早く自民党が立ち直ってほしい」という事だと思います。

だから民主党は、他党との選挙協力の事とか、マニフェストの内容とかにとらわれず、景気を良くして人々の気持ちを明るくする事に注力するべきではないかと考えます。

あのようなアンケートの結果を見ると、民主党に残されている時間は、そう多くはないようです。

Facebook Comments
Tags:
Comments are closed.