温室効果ガス25%削減と日本のビジョン

9月 8th, 2009 Categories: 1.政治・経済

民主党は2020年の日本の温室効果ガス排出量を1990年比で25%削減する目標を掲たようです。アゴラの中川信博氏の記事で「戦略を企画立案するのは人ですから、その資質で結果は大きく変わることは自明だと思います。その視点から鳩山代表の先出の25%削減の表明を考えますと、「戦略的思考」は皆無といえる」と述べています。

中川氏も言うように、「この件自体は悪いものではない」かもしれませんが、民主党のマニフェストに書かれている他の目標実現と、温室効果ガス排出量の25%削減が、どのように結びついてパッケージになっているのでしょうか。

民主党のマニフェストには、経済(企業)を元気にする為の大目標がひとつもありませんから、もしかしたらこの点で既に、25%削減の為に国内の企業活動抑制は折込済みなのでしょうか。

しかし企業が元気にならないと税収も労働者の所得も増えません。放送と通信の規制改革を少々実施したところで、25%削減の為に企業活動全体を抑制すると、国内の企業は全体として元気をどんどん失い、中国へ脱出する工場や事務所がますます増えるのかもしれません。

ああ、もしかしたら鳩山氏は、CO2を排出する工場や事務所はもう国内にはいらない、と。そういう環境ブラック企業はどんどん中国へ行ってもらい、CO2減少した分を排出権取引で中国に高額で売りつけて、それを原資にして国内でバラマキをやろうという「戦略」なのでしょうか。

そして気がつけば日本は、「温室効果ガス貧乏」国になっているかもしれませんね。それが鳩山氏の考える日本のビジョンなのでしょうか。

Facebook Comments
Tags:

2 Responses to “温室効果ガス25%削減と日本のビジョン”

  1. isaac
    9月 9th, 2009 at 09:37
    1

    bobbyさん、
    お互い中国に関わっている者としてお聞きしたいのですが、そもそも中国でCO2規制なんて可能だと思いますか?

    私は、世界の国々がどんな合意をしようと、少なくとも中国は除外すべきと考えます。逆説的ではありますが、中国にどんな規制をかけても無意味、かつ有害だと思うからです。

    中国政府がCO2規制に後ろ向きなのは、実際には「できない」事が分かっているからだと思います。どれだけ法律を作って、企業に規制を強制しても、現実の排出量は決して減らないでしょう。

    私の業界では、上場企業でさえ、未処理の排水の違法な垂れ流しは極一部の良心的な企業を覗いて、ほぼすべての企業がやっています。数年前に発覚した件では、泥縄で罰金を数十倍にしましたが、その場限りです。排出量削減の設備費用を政府が補助したとしても、別のポッケに消えてしまうし、立ち入り検査もまともにはやられてません。(そもそも事業所が多すぎ。)表向きの処理設備を作っても、コストがかかるので稼働させない事も、常識です。

    全世界で規制に合意したとしても、中国から出てくる数字は全く信用できないし、正しい数字など、中国政府がいくらがんばっても把握できません。他国の政府がよく「中国が入っていない規制は意味がない」と言いますが、彼らはこんな状況を分かっていてやってるんでしょうか?他国にも不正、ごまかしはあるでしょうが、中国のそれはレベルが違います!

    逆に、法制化されれば、日本などから進出する、ごまかしや賄賂を上手に使えない企業だけが規制を守らされて、競争力を失います。だから、いっそ中国だけは「無法地帯」にする方がましという考え方です。(地球全体の息の根を止めてしまう危惧はありますが。)

  2. bobby
    9月 9th, 2009 at 11:50
    2

    Isaacさん、コメント有難うございます。中国は中央の北京政府と地方政府という2面性を持つ国だという事は理解頂けるのではないかと思います。

    北京政府は公害物質の流出に厳しい規制を設けています。また、温暖化排出ガス規制についても、最近になって(下記記事を参照下さい)排出規制に前向きの態度を示しています。但しこの法律を実行するのは地方政府であり、外資企業と現地企業で対応に差があるのは否めません。

    http://www.toanews.com/2009-02-07-09-18-36/2212-2009-08-26-02-35-06.html

    しかしながら中央でも地方でも役人の世代交代は進んでおり、役人の意識は情報化時代に適応しつつまります。その意味で、たとえば、身内(役人)の不正を隠したり、政府目標に対するお手盛りの統計値作成などが見直されつつあります。

    更に言えば、中国は強かな国際政治を得意としています。米国が温暖化排出ガス規制に積極的姿勢を見せている現在、国際政治の中で中国の国益を増す方向で戦略を練っているはずです。

    そういう訳で我々は、地方政府のいい加減さに辟易としながらも、北京政府の実力は常にリスペクトすべきだと思うのです。

Comments are closed.