今日はドラゴンボートの日

6月 22nd, 2004 Categories: 1.政治・経済

今日はドラゴンボートの日(休日)です。例年、ドラゴンボートの日は天気が悪く、朝から雨がしとしと振っているもんなのですが、今日はなぜか快晴でした。日曜の夜にF1米国GPをケーブルTVで観戦したため、そんときの寝不足が持ち越しされ、今朝は9時まで寝ていました。

朝起きると、母親が6歳の子供に勉強をさせています。子供はインターの幼稚園に通っていて、今年の9月から小学校1年生になります。つまり学校の授業は英語なんです。でも母親は子供に日本語の読み書きも習得してほしいので、日本のおばあちゃんから送ってもらう進研ゼミのチャレンジ1年生で勉強させてるんです。

子供は英語のインターに通ってまる2年くらいになります。つまり、脳の中で問題を解くロジックは、既に英語化されているようです。たとえば8+2=?という計算を、日本語で「はちたすには?」と問うのと、「eight plus two equal?」と問うのでは、子供から帰ってくる返答の時間が違う事に、あるとき気づきました。うちの子供の場合は英語で問うた方が、短い時間で答えが返ってくるんです。

このような子供に、日本語で算数の問題を読ませ、答えを書かせるのは、ちと問題か?と思うのですがどんなもんでしょうか?(どちらもバシバシ解いてしまうほど脳みその出来が良ければ問題ないのでしょうが...)

子供の勉強をはたで見ているとヤキモキしてくるので、近所のジャスコの地下にあるゲーセンに出かけました。この歳でゲーセンかと自分でも思うのですが、昨年から頭文字Dゲーム(ドライビングゲーム)にはまっており、なかなか止められなくなってしまいました。

実は先週、1年以上かけて育てていたホンダ・インテグラ・タイプRのカードを紛失してしまいました。地道に貯めた点数は2百万点を超え、大変乗りやすい車になっていたので悔やまれます。インテグラ・タイプRは、ver3になってから、無理して減速した時などにオーバーステアが出るようになったものの、普段は極めて安定した乗りやすい車でした。

ver3になってから、正丸峠を攻めるのにもう少しパワーのある車が良いかと、FD3S(RX7)のカードを作りましたが、この車はなかなか乗りにくい事が判明しました。オーバーパワーで、急な加速や減速時にオーバーステアが良く出るようなんで、この車に乗るのは止めました。

それで先週の日曜日に、かねてより興味があったIMPREZA WRX STi Version VI [GC8]のカードを作ってみました。さすがは4WD、雨や雪の道には強いようですが、タイトなコーナーが連続したときの挙動が、いまひとつ掴めておりません。どのような車になってゆくのか、楽しみです。

昼過ぎからは子供のリクエストで、チムシャツイイーストの科学博物館と香港歴史博物館に行きました。科学博物館には、科学ネタの小道具や大道具が沢山あり、遊びながら不思議を体験できる面白いところです。入場料は大人がHKD25、学生(子供)はHKD12.5です。いつも子供連れの家族で賑わっています。香港歴史博物館は、5億年前から第二次大戦後あたりまでの時代をカバーしている変り種の歴史博物館でした。入場料は大人HKD10、学生(子供)はHKD5です。

さて、今日はドラゴンボートの日だったのですが、そのようなニュースはついに目に入りませんでした。香港居住の日本人も、いくつかチームを作って参戦していると思いますが、その状況については別のウェブサイトにお任せしたいと思います。

最後になりましたが、実は今日は、端午節というのが正式な名称でした。なるほどそうだったのか。

Facebook Comments
Tags:
Comments are closed.