サンプロ 皇室の意味

8月 31st, 2009 Categories: 1.政治・経済

今日のサンプロの特集で皇室の未来について語っていました。番組の中で、天皇自身が「国民の象徴としての意味」を考え続けていると言っていたのが印象的でした。一緒にテレビを見ていた知人が、天皇制はこれからも必要なのだろうか、という疑問を発しました。科学技術の発達した時代に、大国主命やヤマタノオロチの時代から万世一系で現代までつながっている天皇家を心の底から信じている国民はそう多くないかもしれません。宗教的な崇拝対象としての天皇の意義が現代においてどれだけあるのかは疑問に感じます。しかしながら科学技術とグローバリゼーションが発達している現代においては、日本人が日本人らしさを保つ為の象徴として、皇室の存在意義は失われていないのではないかと思うのです。その為にも、国民が受け入れ易いようなかたちで、皇室が存続し易い条件を整える事は重要ではないでしょうか。

Facebook Comments
Tags:
Comments are closed.