Archive for May, 2016

モサック・フォンセカとCIAの関係

<スポンサーリンク>


パナマ文書については資産隠しや方法や、それをおこなってた人の名前ばかりが注目されており、その背景などの情報があまり目立っていないようです。そこで、既出の情報からいくつか拾って紹介します。(情報元の先の出所確認は行っておりません。下記の内容はあくまで、引用したサイトの情報が正しければという事でお願いします)

1)モサック・フォンセカとはどんな会社
創業者はユルゲン・モサック(ドイツ人)とラモン・フォンセカ・モーラ(パナマ人)。1986年2人はそれぞれの法律事務所を合併してモサック・フォンセカとなります。奇しくも今年は合併30年目になります。ところでパナマ文書のリーク先が南ドイツ新聞であった事を考えると、「ドイツ繋がり」は偶然ではないような気がします。(参考文献C・D)

2)モサック・フォンセカの営業活動範囲
同社はオフショア取引(その国以外の場所で行った取引)に関わる企業として世界で5本の指にはいる従業員500名の大手企業で、バハマ、キプロス、香港、スイス、ブラジルなど、44ヵ国にオフィスを構え、米国にもワイオミング、フロリダ、ネバダに支社があるそうです。(参考文献A)

3)モサック・フォンセカが利用したタックス・ヘイブン
パナマの他に、英国領バージン諸島、パナマ、バハマ、セイシェル、南太平洋上にある人口1300人弱の島国ニウエがあるようです。特にニウエは、同社が支援して1994年にタックス・ヘイブンの設立を支援する特別法が施行され、以後20年間は独占的に会社設立業務を行ってきたそうです。当然の事ながら、今回のパナマ文書には、それらの活動内容も含まれていると考えるべきでしょう。(参考文献A)

4)モサック・フォンセカとCIAの関係
CIAがモサック・フォンセカを利用していた事が報道されていますが、CIAとどのような繋がりがあったのでしょうか。創業者の一人であるユルゲン・モサックの父は、第二次大戦時のドイツで武装親衛隊の兵長をしており、戦後にCIAからスパイのオファーをされて家族でパナマへ移住し、キューバにおける共産主義者の動向をスパイしていたようです。成人したユルゲン・モサックが父の後を継いでCIAの協力者になっていた可能性は、現時点では否定できないと思われます。(参考文献C・D)

5)なぜタックス・ヘイブンを利用するか
一般にタックス・ヘイブンと呼ばれる国や地域は、オフショア取引(その国や地域の外での取引)の売上や利益に対して課税しないという税制をとっています。それだけだと、取引した国(ふつうは売手国)の現地で課税されます。しかし、課税後のお金(配当金や所得など)は、その国の外為規制の範囲でタックス・ヘイブンへ送金し、そこで金融商品を買ったり(譲渡時の利益に課税されない)、家族のために信託したりする(受け取ったお金に課税されない)事ができます。ところでパナマといえば日本の船会社も多くの船をパナマ船籍にしている事は有名です。いまは企業や個人がタックス・ヘイブン利用で話題になっていますが、日本の船会社は「税金が安い」という事で昔からこういった制度を利用してきました。個人や企業が節税で叩かれるなら、船会社も同様ではないかとおもうのですが、どうなのでしょうか。(参考資料B・E・F)

ところでリーク経路ですが、文書の量(2.6Tバイト)から見て、ネット経由ではなく、サーバーを新しいものと交換した時に出てきた、古いサーバーのHDDが物理的に流出したのではないかと、個人的に推測しています。パナマ市中のネットがどれだけ高速なのかはわかりませんが、オフィスの人間に不審を抱かれずにこれだけのトラフィックを発生させるのはかなりのリスク(発見され逆探知され身バレするリスク)があると思います。モサック・フォンセカでは、「不正なネットアクセス」があったと訴えたそうですが、流出経路がはっきりしない状況でのすので、あくまで自己防衛が目的だと思います。
参考資料

A)パナマ文書の主役「モサック・フォンセカ社」について
B)JETRO 外国企業の会社設立手続き・必要書類
C)モサック・フォンセカ
D)Jürgen Mossack
E)Pasesa Inc パナマで会社設立
F)便宜置籍船


Be the first to comment - What do you think?  Posted by bobby - 2016/05/02 at 14:22

Categories: 1.政治・経済   Tags:

Padcastラジオ番組批評

最近はIT技術の進歩と普及で、日本のラジオ番組が放送したその日のうちに、海外でもPodcastで聴く事ができるようになりました。嬉しい限りです。私の関心は政治・経済・国際情勢・科学技術などですが、朝晩の通勤時間や出張時のバスの中で、先に述べたPodcastを良く聴いています。そこで今日は、良く聴く番組や、これまで聴いた番組について、簡単な批評をしたいと思います。といっても、政治・経済・国際情勢などを主題とした番組は少ないので、取り上げる番組はざっくりと3つです。

1)日本放送 ザ・ボイス そこまで言うか / 辛坊治郎のザ・ズーム そこまで言うか

ザ・ボイス(複数のコメンテーター)とザ・ズーム(辛坊治郎)は兄弟番組という認識なので、一緒のグループにしました。ザ・ボイスのコメンテーターは長谷川幸洋、宮崎哲弥、上念司、藤井厳喜、青山繁晴など。これに土曜日放送の辛坊治郎のザ・ズームと合わせて、どちらかというと保守的な論客で構成されております。番組アンカーの飯田浩司アナウンサーも、番組を聞いている感じでは、真ん中よりやや右側の保守的な考えの方と思います。番組スタッフが選んだ日々の時事ネタについて、日替わりのコメンテーターが意見を述べるという番組構成です。コメンテーターの面子を見れば明白ですが、わりと保守的な意見となっており、関西で放送されている「そこまで言って委員会NP」のラジオ版という感じがしないでもありません。(アンカー役の飯田浩司アナウンサーがわりとサラリーマン的な方なので、それほど過激な脚色にはなっていません)番組で話される意見の質ですが、個々のコメンテーターのバイアスがかなりかかっていますが、評論としてはそれなりに興味深いと感じています。

2)荻原チキ・Session-22

評論家の荻原チキが中心となっており、時事ネタの他に幅広い分野の専門家や当事者を番組に呼んで、意見を聞いたり話してもらうという番組構成となっています。荻原チキは、私の感じでは真ん中より左側でリベラルだと思います。基本的には番組が呼んだ専門家のゲストをリスペクトしており、荻原チキは番組の引っ張り役や意見のまとめ役に徹している事が多いようです。番組に出演する専門家(多くはどこかの大学の☓☓教授である事が多い)は、1つの番組で複数人いる事が多いのですが、基本的には専門家どうしが遠慮するのか、はたまた似た意見の方で固めるのか、ゲスト同士が番組中で激論を戦わすというような場面は(残念ながら)ほとんどありません。しかし与党の政治家がゲストの時には、荻原チキ自身が空気を読まずに「聞かれたくない事」をあえて押し聴く事もあります。先に述べたように、時事ネタの番組ゲストはほとんどが専門家なので、他番組にありがちな評論家による「意見」と異なり、それなりに専門的な意見が聴けるのは非常に評価できます。ちょっと残念なのは、格差ネタ・差別ネタ関係では荻原チキ自身に強いバイアスがあり、呼ばれる専門家もリベラルまたは左側の方が多いという事が「玉に瑕」と感じています。

3)荒川強啓デイ・キャッチ!
数週間ほど聴きいた後に、聴く価値無しという事でPodcastの番組リストから削除しました。荒川強啓も真ん中左側のリベラルかと思いますが、ゲストに専門家が来るでもなく、ザ・ボイスのコメンテーターのような「自分の意見」を述べるでもなく、物足りない感ばかりが印象に残りました。

そういう訳で、いまは右派・保守的な番組としてザ・ボイス/ザ・ズームと、左派・リベラルな番組としてSession-22の2つを主に聴いております。

 

 

Be the first to comment - What do you think?  Posted by bobby - 2016/05/01 at 19:51

Categories: 1.政治・経済   Tags:

<スポンサーリンク>