Archive for December, 2015

祝「慰安婦問題合意」しかし。。。

<スポンサーリンク>


たぶん誰も信じていなかった年内合意が成されました。まずは安倍首相と岸田外務大臣そして官邸と外務省の方々の努力、そしてこの結果に対して素直に祝福したいと思います。安倍首相と朴大統領は、日韓国交回復後の政権の中で、もっとも仲が悪いと思われていましたし、韓国政府がゴールポストを動かし続けてきましたので、安倍政権において「最終的・不可逆的な解決」が成されたというのは本当に驚きでした。

このように目出度い「合意」の直後ではありますが、既に多くの方がブログで指摘しておられるように、韓国内からは既に大きな不協和音が鳴り響いているようです。特に「いわゆる慰安婦問題」を韓国内で主導している挺対協がこの解決を拒否すると言っているようです。せっかく成った日韓合意が、朴政権の間だけで終わらない事を真に願っています。

ところで岸田外務大臣が共同記者発表の席で述べた「当時の軍の関与のもとに、多数の女性の名誉と尊厳を深く傷つけた問題であり、日本政府は責任を痛感している」について、後から「誤解」にならないように、一点だけ突っ込んでおきたいと思います。

挺対協など韓国側では「韓国女性を日本軍が組織的かつ強制的に拉致した」事についての責任と補償を日本政府へ求めていると理解しています。その一方で、安倍首相と官邸の意図する「当時の軍の関与」とは、軍による慰安婦施設の設置要求、施設の管理、戦地への慰安婦の移送など管理面での関与に限定したものであろうと推測します。(日本政府が民間組織による人身売買など違法な慰安婦募集を黙認したらしい証拠文献は見つかっているようだが、日本軍が組織的かつ強制的に女性を拉致した証拠は未だに見つかっていないので、認めようにも認められない)

このすれ違いは、韓国側が条件としている「約束の履行」である元慰安婦たちの名誉と尊厳の回復を、日本側から「ぶち壊し」てしまう可能性が大きいと思われます。強制的に拉致された(と信じられている)女性を(日本側の理解に従って)売春婦と呼べば、「元慰安婦の尊厳は再び傷つけられた」という事になるのではないでしょうか。

このような懸念がある一方で、過去の「合意」にはない、合意が永続的に効果を及ぼす事を多いに期待させる点があります。今回の合意を第三者である米政府(日韓関係にもっとも影響を及ぼす国の政府)の「歓迎声明」がセットになっているという点です。これまでの合意は日韓の二国間での関係のみであったのに対し、今回は米国政府が合意に「裏書」する事で、成り行きとして米日韓の国際的な合意事項のようなものに成ってしまいます。

繰り返しになりますが、今回の「合意」が最終的・不可逆的な解決になる事を心より祈っております。


Be the first to comment - What do you think?  Posted by bobby - 2015/12/28 at 23:30

Categories: 釣りネタ, 1.政治・経済   Tags:

<スポンサーリンク>