Archive for 8月, 2009

今日のサンプロの特集で皇室の未来について語っていました。番組の中で、天皇自身が「国民の象徴としての意味」を考え続けていると言っていたのが印象的でした。一緒にテレビを見ていた知人が、天皇制はこれからも必要なのだろうか、とい […]

月曜日, 8月 31st, 2009 at 01:55 サンプロ 皇室の意味 はコメントを受け付けていません。

民主党の鳩山氏が述べた東アジア共栄圏について池田氏はブログ記事で「東アジアで共同体を構築できる客観的条件はないし、それは望ましくもない」と述べていますが、事はもっと重大ではないかと思われます。 多くの人が認識しはじめてい […]

月曜日, 8月 31st, 2009 at 01:09 東アジア共栄圏=中国経済圏 はコメントを受け付けていません。

テレビの選挙報道をみていたら、辛うじて当選した大物自民党議員達は、自民党大敗の理由を「良くわかりません」と述べていました。こういう議員は、明日にでも議員を引退した方が良いでしょう。ゲストで出演していた自民党の平沢勝栄氏は […]

月曜日, 8月 31st, 2009 at 00:51 2 comments

日本の放送局がインターネット経由で番組を流す事は、著作権の問題だけでなく、県単位で許可されてる免許制度の問題もあって現状では困難だという話しを聞いた事があります。ですから、生放送によらず、報道やドラマなどを「放送」するに […]

土曜日, 8月 29th, 2009 at 12:38 21世紀の新しい放送局形態 はコメントを受け付けていません。

平成維新という言葉を口にする議員がいるようです。いまの日本はまさに、江戸時代末期の閉塞感に似たところがあるかもしれません。何か大きな社会的変革が無いと、日本は進行するグローバリゼーションに飲み込まれて、貧しい小国に成り果 […]

水曜日, 8月 26th, 2009 at 12:28 池田信夫は平成の吉田松陰になれるか はコメントを受け付けていません。

中華人民共和国日本特別行政区というトンデモ系の記事を書きましたが、このネタについていろいろ考えているうちに、もしそうなった場合、いま日本が抱えている問題がどのように解決されるだろうかという事に興味が湧いてきました。そこで […]

火曜日, 8月 25th, 2009 at 16:08 日本特別行政区のインパクト はコメントを受け付けていません。

日本はフィリピンやタイから看護師(労働者)の輸入を行おうとしているようですが、上手くいっているとは言い難いようです。ボトルネックはどうやら日本語で国家試験を受験する語学力の問題であるらしい。非漢字文化圏においては当然の事 […]

火曜日, 8月 25th, 2009 at 01:29 7 comments

Rails氏のある仮説を読んで、ふと表題のようなトンデモ話を思いつきました。(真面目な突っ込みはご遠慮下さい) 私は85年に香港に来て、返還前後の事や、現在の香港の状況もそれなりに把握していますが、特別行政区の統治に関し […]

月曜日, 8月 24th, 2009 at 19:24 9 comments

日本の企業は閉鎖的なので、大手企業は同業他社からの転職を取らない事で、自社の社員の転職を防ぐムラ社会を構築しようとします。池田氏のブログ記事によれば、外部オプションが少ない事が問題のようです。 たまたまですが、グループウ […]

月曜日, 8月 24th, 2009 at 18:46 1 comment

池田氏のブログに、経済の成長を高める3つの戦略についての記事があります。その中のひとつに「ターゲティング政策:特定の産業を政府が助成する」という項目があります。アジアの政府は、経済成長を為に外資を呼び込むターゲティング戦 […]

月曜日, 8月 24th, 2009 at 00:16 成功したターゲティング政策 はコメントを受け付けていません。

日本は経済も人口も減少傾向にあります。GDPと税収が同時に低下すると、医療と福祉は崩壊し、セーフティーネットは消滅して、東京や大阪には巨大なスラム街が出現するでしょう。池田氏のブログによれば、自民党のマニュフェストに「成 […]

日曜日, 8月 23rd, 2009 at 21:28 未来を変えるのは労働党 はコメントを受け付けていません。

この世に存在する様々な組織の中で最もトップダウン指向の強いもののひとつが軍隊でしょう。手元のミリタリー小説をざっと眺めてみると(たぶん正確ではないでしょうが)作戦を練って部隊の指揮を行う佐官(大佐・中佐・少佐)があり、そ […]

日曜日, 8月 16th, 2009 at 12:49 2 comments

池田氏はこちらのブログ記事で、「経済学者の役に立つ経済学ではなく、経済の役に立つ経済学が必要である」と述べています。 経済学が扱う市場という対象は、生産と配分とか、需要と供給とか、資本とかマネーサプライといった視点でアプ […]

金曜日, 8月 14th, 2009 at 17:52 経済心理学的シミュレーションによる未来予測は可能か はコメントを受け付けていません。

elm200さんの公務員数に関する統計で紹介されている公務員数の種類と数等について(PDF)の下図を眺めていて、教育部門の人数が114万人もいる事に気づきました。これらのほとんどは、国・公立学校(幼稚園、小学校、中学校、 […]

土曜日, 8月 8th, 2009 at 14:39 地方公務員を100万人減らす方法 はコメントを受け付けていません。

今日、製造現場の「見える化」とトレーサビリティーの向上という記事を書くきっかけとなったのは、公務員数に関する統計でelm200さんに教えて頂いた事がきっかけとなりました。 国家公務員は多いといわれるが、どのようなサービス […]

金曜日, 8月 7th, 2009 at 11:54 「見える化」と道州制 はコメントを受け付けていません。

きのう、あるお客さんの工場で生産原価管理システムのプレゼンをしてきました。精度の高い生産原価を製品別に「みえる」ようにするのは、簡単なようでいて意外と難しいのです。工場の業務はいくつもの部門に縦割りされており、それぞれが […]

金曜日, 8月 7th, 2009 at 11:34 1 comment

組織における権限委譲と結果責任について考えます。まずはあなたの会社や部署組織を想起して下さい。リーダー(社長や部長や課長または組織体)に権限が一極集中している組織で、判断業務が増大すると、業務が遅れたり、おざなりに処理さ […]

水曜日, 8月 5th, 2009 at 12:43 2 comments

道州制の必要性やメリット・デメリットについて、実はいままでよくわかっていなかった事が、今日のサンプロを見てわかった事は収穫でした。 前半の議員同士の議論では、道州制についての本質的な議論がほとんど無かったことが残念です。 […]

日曜日, 8月 2nd, 2009 at 23:22 5 comments