Archive for 12月, 2007

池田信夫blogの総務省にFriioを規制する権限はあるかという記事中コメント欄で、池田氏が下記のようにコメントしている。

土曜日, 12月 29th, 2007 at 16:38 3 comments

池田信夫blogで、Friio規制に対する記事が出て、引用されていた日経IT ProのFriio記事のしくみを調べていたら、上海駐在していた時の事を思い出しました。かの地では、3000元くらいの設置料を払うと、BSもWO […]

土曜日, 12月 29th, 2007 at 14:55 3 comments

邦銀のメガバンクは、総資産や企業規模では世界的なレベルでランキングされるのに、実力は香港生まれのHSBCにすら遠く及ばないのはなぜだろうか。その理由を紐解くには、日本の起業がなぜ強いのかを理解する必要がある。簡単にいえば […]

金曜日, 12月 28th, 2007 at 17:56 邦銀が一流になれない理由 はコメントを受け付けていません。

さっきトイレのコンパートメントの中で、ふと閃いた。神童または秀才とは、幼稚園から小学校低学年の頃迄に、アカデミックなものへ主たる興味を示す事ができた人の事である。

金曜日, 12月 28th, 2007 at 10:03 神童または秀才 はコメントを受け付けていません。

村上龍の「半島を出よ」を読んだ。大胆かつユニークな発想と緻密なディテールで楽しませてくれたが、読んでいて気になったところがあるので書く。(ネタバレあるので、読む予定の人は、この続きは本の読後にクリックするべし)

水曜日, 12月 26th, 2007 at 12:42 「半島を出よ」に欠けている視点 はコメントを受け付けていません。

asahi.comによれば、高速道路を運転中のマイクロバスから、子供が転落したという。子供は後続のトラックにはねられて死亡。本件で運転していたサッカーコーチとトラック運転手が逮捕されたという。

火曜日, 12月 25th, 2007 at 11:52 不運な転落事故 はコメントを受け付けていません。

日経ネットによれば、総務省は、地上デジタル放送の番組をコピーできる機器に規制を加えようとしている。

月曜日, 12月 24th, 2007 at 23:52 既に失われたものを保護する無意さ はコメントを受け付けていません。

千葉周作と千葉道場は、だれでも知っているのに、以外にも彼を主人公とした小説が少ない。今月になって、彼の登場する小説を立て続けに3冊読んだ。その中でも、津本陽の「千葉周作不敗の剣」は、たいへん面白かった。ただ面白いだけでな […]

日曜日, 12月 16th, 2007 at 20:27 千葉周作 はコメントを受け付けていません。