Archive for the ‘3.中国ネタ’ Category

今朝の産経新聞によれば、シャープが鴻海の傘下に入る事について、ジャパンディスプレイの本間会長は、「シャープの生産技術が海外へ流れれば脅威になる」と述べたようです。鴻海の競争相手だった官民ファンドの産業革新機構は、シャープ […]

月曜日, 2月 22nd, 2016 at 11:40 生産技術の海外移転は容易ではない はコメントを受け付けていません。

オキュパイセントラルという団体が香港の政府ビル周辺を占拠し、80発の催涙弾がデモ隊に向け発射され、多数の学生を含む数十万人の香港人が参加するに至り、ついに「雨傘革命」なる名前まで付いてしまったこの騒動の本質はどこにあるの […]

木曜日, 10月 9th, 2014 at 19:27 雨傘革命へ至る道 はコメントを受け付けていません。

中環には学生たちが居ました。少し話しただけで彼らの事が好きになりましたが、この先どのように政府と戦うのかという戦略を持ちあわせておらず、「私たちは最後までここで戦います」と述べるだけでした。ちょっと暗い気持ちになりながら […]

土曜日, 10月 4th, 2014 at 16:42 雨傘革命の現場へ行ってみたー銅鑼湾編 はコメントを受け付けていません。

旺角には、学生がほとんど見当たらず、目つきの鋭い中年のおやじ達の集団が占拠していました。さて、中環ではどうでしょうか。以下に報告します。 2)中環(セントラル) ここは政府ビルや金融街で有名な街です。その名の通り、香港の […]

土曜日, 10月 4th, 2014 at 10:58 雨傘革命の現場へ行ってみたー中環編 はコメントを受け付けていません。

前の記事に続き、香港の民主化運動について書きます。ハフィントン・ポストの記事で、デモを行っている学生(と思われる女性)の一人が、youtubeで「香港を助けて!」という画像をアップしました。 「香港を助けて!」デモ参加者 […]

火曜日, 9月 30th, 2014 at 15:39 「香港を助けて!」ってどういう意味? はコメントを受け付けていません。

香港では今、2017年の行政長官(香港特別自治行政区のトップ)を選ぶ選挙の方法を巡り、北京政府が出した条件に反発して、若者を主体とする大規模なデモが「あちこち」で発生して大騒ぎとなっています。大規模な民主化デモは、これま […]

火曜日, 9月 30th, 2014 at 15:01 香港の民主化運動は誰の為? はコメントを受け付けていません。

今日は午後からポテンシャルカスタマーの事務所でERPソフトのデモを行う為に、深圳から広州へ向けて、開通したばかりの広深沿江高速道路を高速バスで移動中です。この高速道路は、昨年末に知人に聞いたところによると、1日に1億元を […]

火曜日, 1月 14th, 2014 at 13:21 政府の意思をいかに世界へ伝えるか はコメントを受け付けていません。

世界の経済はいまのところグローバル化を続けていますが、このトレンドはいつまで続くでしょうか。12月7日にインドネシアのバリ島でWTOの閣僚会議が開かれ、そこで「画期的」な進展が見られました。この会議では2つの点で画期的で […]

木曜日, 12月 12th, 2013 at 12:09 グローバル経済の行方 はコメントを受け付けていません。

アメリカにとって東アジアには適度の緊張と平和が望ましいのかもしれません。日中韓があまり仲良くなると、アメリカがアジアから閉めだされるかもしれないからです。しかしながら、適度の緊張というのはなかな調節が難しく、ともするとど […]

土曜日, 12月 7th, 2013 at 12:15 防空識別圏が東アジアへ広げる波紋 はコメントを受け付けていません。

米国主導の通商協定であるTPPについて、日米政府間で事前協議がまとまったようです。TPPでは、「交渉にすら参加するべきでない」という不思議な意見が議員や民間の中に多くあり、大きな違和感をもって様子を眺めておりました。それ […]

火曜日, 4月 9th, 2013 at 14:41 TPPと日中韓FTAの相互関係 はコメントを受け付けていません。

日本が戦後に飛躍的な成長を遂げたのは1954年から1973年までの19年間です。そして1968年に国民総生産が当時の西ドイツを抜いて2位になりました。(*1)この期間に貿易赤字から貿易黒字に転じた事から、経済成長が輸出主 […]

月曜日, 2月 25th, 2013 at 00:26 日本式の生産管理はグローバル化に適応できるか? はコメントを受け付けていません。

このような表題にすると、「中国と付き合う必要はない」という意見が返ってきそうですが、日本の置かれた地理的状況を見れば、そういう訳には行きません。 中国の対米防衛戦略として第一列島線、第二列島線というものがあります。下記の […]

日曜日, 2月 10th, 2013 at 11:47 中国との関係改善の必須条件 はコメントを受け付けていません。

内田樹氏の「国民国家とグローバル資本主義について」でトリクルダウンを詐欺的理論と述べています。これはwikiによれば、「富める者が富めば、貧しい者にも自然に富が浸透(トリクルダウン)する」という意味で、新自由主義の代表的 […]

日曜日, 1月 13th, 2013 at 18:39 トリクルダウンは詐欺か? はコメントを受け付けていません。

週末でブログを書く時間があるというのに、ハードに響くようなネタがありません。という訳で、今日も閑話休題的な中国の身辺記事です。今日は、最近特に海外へ繋がり難い中国のネット事情について、つれずれなるままに書いてみます。 今 […]

土曜日, 1月 12th, 2013 at 00:09 ここ最近の中国ネット事情 はコメントを受け付けていません。

昨日の記事で、私が広東省をあちこち移動するので中国のビジネスホテルを頻繁に利用するという事をお話しました。今日は、広東省のあちこちへどのように移動するかについてお話したいと思います。 以前に2年ほど長期コンサルタント契約 […]

木曜日, 1月 10th, 2013 at 01:54 中国は高速バスが安くて便利 はコメントを受け付けていません。

ここのところ連続でBLOGOSへ転載されたおかげで、年初から今日までの訪問者数の平均が毎日1000人を超えるようになりました。せっかく読者が増えたのに、これを書きたいというネタは毎日のようにある訳ではありません。ネタがみ […]

水曜日, 1月 9th, 2013 at 01:29 中国のビジネスホテル事情 はコメントを受け付けていません。

昨日の昼間、ブロゴス総合ランキングの1位(内田樹氏の中国離れについて)と2位(橘玲氏の尖閣問題で、海外メディアは日本に対して予想以上に厳しい)が、尖閣問題について冷静を説く記事である事は興味深い状況です。 アメリカの後ろ […]

金曜日, 9月 28th, 2012 at 11:13 尖閣諸島で1ミリも妥協できない理由 はコメントを受け付けていません。

緊張が高まっている日中間の尖閣諸島問題で、中国とアメリカの政府関係者にぜひとも考えてもらいたい事について問題提起します。 日本でも中国でも、尖閣問題を巡って日中間で戦争(武力紛争)を行う事について肯定する意見が強まってい […]

木曜日, 9月 20th, 2012 at 22:15 尖閣の奪い合いは誰にとってもろくな事になりません はコメントを受け付けていません。

1)無能な政治家に期待してはいけない。 東アジアにおける日本の将来に不安を感じています。中国は経済力を梃子にして東南アジア諸国への影響力を強めるだけでなく、軍事力の急速な近代化によって周辺諸国への圧力を増しています。日本 […]

月曜日, 3月 19th, 2012 at 12:07 昨日の敵は明日の友 はコメントを受け付けていません。

世界の文明史の中で日本の居場所を考えると、私としては言いたいことがある。歴史的にも地理的にも、日本は中国大陸の周辺であって、太平洋の向こうのアメリカと同盟するのは、非常に不自然と言うしかないのだ、とTPP問題で意見を述べ […]

日曜日, 10月 30th, 2011 at 10:34 米国と中国の二者択一 はコメントを受け付けていません。

日本の製造業の人件費は周辺国に比べてずいぶん高くなり、円高なのでドルベースの見積もり価格はますます高くなり、おまけに3・11による電力不足と電気料金値上げで原価上昇と、輸出産業は3重苦に喘いでいるようです。 adidas […]

金曜日, 10月 28th, 2011 at 21:05 グローバル化とは産業拡散化 はコメントを受け付けていません。

夏頃から浙江省温州では企業の倒産が夥しく、地元の新聞も「100社が倒産し、夜逃げした」と報じたそうです。夜逃げするのは高利貸しに手を出したからで、マフィアと組んだ高利貸しはトイチが常識、返済しないと容赦なく経営者を襲撃し […]

水曜日, 10月 19th, 2011 at 10:36 商売上手な温州の内情 はコメントを受け付けていません。

米中がそう易々と核戦争を含む全面的な戦争を起こすと考える人がいないでしょうが、朝鮮半島有事に起因して米中の戦争が勃発する可能性が高く、中国が、台湾や日本と交戦状態に入った際には、米国は中国に対して軍事行動をとることを断言 […]

月曜日, 10月 17th, 2011 at 13:10 経済的相互確証破壊は強力な抑止力か? はコメントを受け付けていません。

チュニジアで始まったジャスミン革命は、エジプトやその他のアラブ国家へと広がり、「民主主義の革命」というのなら次は中国か、とネットでは一時期騒がれました。私はジャスミン革命は思想ではなく「若者が飯が食えない」という経済問題 […]

日曜日, 10月 16th, 2011 at 12:26 1 comment

最重要課題である社会の治安維持の為に情報統制を行ってきた中国政府ですが、経済発展に伴うネット人口の増大と、情報伝達技術の急速な発達により、ネット情報の統制に綻びが生まれ、状況への適応に苦労しているようです。 中国当局のマ […]

土曜日, 10月 1st, 2011 at 15:32 中国当局がマイクロブログを規制 はコメントを受け付けていません。

中国共産党1党独裁北京政府の胡錦涛国家主席に近い筋から漏れ出てきた情報として、政治体制の崩壊が近づいていると観測されているそうです。中国の全土で暴動が多発し、大きな事故が立て続けに起こり、マイクロブログの普及でそういった […]

金曜日, 9月 30th, 2011 at 09:07 2 comments

日本の高級な農産物は、香港や上海や北京では人気の高い商品です。見た目も味も良い。林檎、ミカン、梨、葡萄などのフルーツの他、コシヒカリなどの米も輸出額を伸ばしているようです。しかし、それらを生産している日本の農業に目を向け […]

木曜日, 9月 29th, 2011 at 07:50 中国で農業の企業化がはじまった はコメントを受け付けていません。

9月1日から中国外交部の記者会見制度におおきな変更がありました。これまで週2(火曜と木曜)に行われていた外交部記者会見が、今後は月曜から金曜までの週5回開催されるようになったそうです。これまで中国政府は、可能な限り情報統 […]

日曜日, 9月 25th, 2011 at 14:55 マイクロブログで変化する中国政府の情報公開 はコメントを受け付けていません。

中国の河南省洛陽市にある技術監督局執法大隊で働く公務員の男が、マンションの地下室に風俗嬢4人を最長2年間にわたり監禁し、性奴隷にしていたという事件が起きました。 風俗嬢6人を地下室に監禁、「性の奴隷」としていた男を逮捕― […]

日曜日, 9月 25th, 2011 at 11:58 なぜ公務員の犯罪は国家機密なのか? はコメントを受け付けていません。

朝鮮半島から中国の東北地方で栄えた高句麗について、「中国の東北地方の国のひとつの国」だったという主張を紹介したばかりなのに、今度は真逆の話題が韓国から飛び出してきました。中国の東北地方にある、吉林省の延辺朝鮮族自治州(通 […]

水曜日, 9月 21st, 2011 at 20:43 1 comment